​強風(台風)時にサッシ下部に水がたまるのはなぜ?

​強風に伴う雨の時にサッシのレールに水がたまることがあります。2018年10月の台風24号時にはよくこの症状がみられ、相談が多数ありました。

​降雨時にレールに水がたまるのは構造上の必要な事

水密性能を保持するために、水が一時的にたまるのは必要な事でありサッシやガラスの不具合ではありません。

​一時的にたまった水は、雨が止めば自然に外に排出されます。水がたまることで水が室内に浸水しない設計になっています。レールからからはみ出して木枠に到達していなければ構造上の範囲内です。

実際に雨水が溜まっているのをみるとびっくりすると思いますが・・・。万が一のためにサッシ周辺に濡れて困るようなものを置かないようにしましょう。

​雨水の侵入はサッシ枠を超えて室内に水が入ること

暴風や台風で、サッシ性能を超える場合は、室内への雨水侵入があります​。そのような時は対策が必要です。

​雨水侵入の対策

外サッシの下部についている気密ピースを調整する。気密ピースを下げて

サッシ枠とサッシ本体の隙間をなくします。侵入水対策と同時に召合わせ部分の隙間風対策にもなります。

一時的にサッシ下部に雑巾やタオルを当て雨水の侵入を防ぐ。

【まとめ】​

水の侵入は構造上起こりえる事。機能や性能の問題ではありません。

© ask All Rights Reserved.

町のガラス修理緊急センター

携帯・スマートフォン・PHSからもご利用になれます。