​ガラスは重いですね!

ガラス修理にお伺いした際に、ご自分で割れたガラスを撤去なさった方に「ガラスは意外と重いですね。どれ位の重さがあるのですか?」と尋ねられる事があります。

普段、サッシにガラスが入っている時はあまり重さは気になりませんが、ガラスのみですと意外と重みを感じるかと思います。

ガラス修理の作業をする時に作業員数を計算する為にガラス重量の計算式があります

ガラスの面積(幅×高さ)×ガラスの厚さ×2.5​

ガラスの重さを知るには①ガラスの面積②ガラスの厚さが必要です。

①×②にガラスの比重2.5を掛けると重さが出ます。

例 幅83㎝ 高さ 86㎝の6.8ミリ(網入りくもりガラス)の場合(中窓タイプ)

 

0.83×0.86×6.8×2.5=約12Kgとなります。

 

◆約12㎏は2リットルのペットボトル1ケース分と同じ重さです。

2リットルペットボトル6本

【まとめ】​

サッシには戸車(滑車)がついているので、重さを感じませんが中窓タイプで1ケース分の重さですとかなりの重量ですね。

© ask All Rights Reserved.

町のガラス修理緊急センター

携帯・スマートフォン・PHSからもご利用になれます。